【三女】フォンタン循環2年目/児童デイの申し込みに行ってきた。

三女:フォンタン循環・2年目, 三姉妹の日常

今日は朝から児童デイの申し込みに行ってきました。
以前見学していた事業所です。
>>>【三女】フォンタン循環2年目/児童デイ見学とキックボード練習。

 

見学の際に聞いていた説明を、申し込み前にもう一度聞いて。

ケガをした時は?薬の副作用は?
心臓に関することも事前に確認しました。

 

主治医を含めた先生方や看護師さんは、モモの元気っぷりにGOサイン。
区役所の職員や保健センターでも、障害に関して難しく捉えられることはありません。

ですが、児童発達支援といっても様々で。
モモが申し込んだ事業所は、看護師も常駐していないので軽度の子たちでしょう。

改めて説明を受ける前に言われました。
「こちらの条件を承諾いただけたら」と。

 

条件といっても、確認するのが当たり前だろうと考えられることばかり。
事前に確認してもらえたことが、逆にありがたいと思いました。

その一方で構えも出てきてしまって。
「これから先は、こういう対応をされることが増えるのかもしれない」

私たちにとって日常で当たり前のことが、周囲にとって露骨な形で躊躇いや不安に繋がることは正直ショックです。
心臓のことに関しては、事前に資料を作って持ち込めばよかったと後悔しました。

 

通所は来週から週1回、2時間半の慣らしからスタートです。
その時までに資料を用意することにしました。

新しくできるモモの居場所。
モモにとっていい出会い、いい刺激になることを願っています(´▽`)

 

さて……当人は、相変わらずやりたい放題で自由です。
毎日のように見事な破壊神っぷりを見せてくれますよ。

 

姉ちゃんズがオムツ替えをしてくれると、決まって追いかけっこになり。
そのまま放置されてこの始末。

晩ごはんの残ったおかずをキッチンから持ってきて、勝手に食べながらハナの教科書を眺めたり。

 

疲れ果てて、とんでもない恰好で眠ってしまったり。

 

モモといると飽きませんね。

The following two tabs change content below.
北海道の三姉妹お母ちゃん。思春期に片足突っ込んだ長女、繊細な次女、心臓病なんてなんのそので暴れ続ける三女。毎日のバトルで疲労困憊だけれど、笑顔だけは忘れない。今日も元気に「Fight!」